原油と仮想通貨が下落しています【2018年11月下旬】

   

久しぶりに長文記事でも書いてみようかな?広告収入的には久しぶりに大台突破できたのですが、再び水面下に沈んでしまいました。ディープラーニング系の記事ばかりでは、このブログはやって行けない様子なのです。そこで、再び投資系の記事に戻ってまいりました。

原油はもうダメなのか?

ポジションを持っていないので、ヒトゴトなのですが、原油はかなりの勢いで下落しましたね。ガソリン価格が下がりそうなので嬉しいです。新たに仕込むこともできそうですね。今のところ2700のラインと2800のラインに逆指値の買いをセットしています。最終的には3000を超えたときに売れたら嬉しいなと思いますが、まだ買えてもいないので期待はできませんね。

商品投資は長期的に見ると手数料負けしてしまうので、この勝負は中期勝負になります。せいぜい1年くらいのスパンで見るべきでしょうね。効率的には高配当の株式銘柄を買った方が有利なのですが、それだけではツマラナイということで、原油投資、金投資も趣味として薦めていきます。

そういえば金投資のことを忘れていましたね。えーと今は1326あたりが流行っているのかな?一昔前と違って金ETFも種類が増えましたね。そんなに金の需要があったとは驚きです。やはり金価格はさっぱり安定していないけど紙くずにもならないという点が評価されていますね。えーと、8月頃に底をつけて上昇中の局面なのですね。出遅れたな。これは失敗、まあ13000円で買って13500で売るあたりが無難なのかな?資金が大量に無いと面白い投資にはなりませんね。ただ12000円は底堅いように見えなくも無いです。12500で買い、13500で売りというプランが長期的には面白そうですね。

ビットコインはおしまいだ

この記事を書いている時点でビットコインの価格は40万円台前半を記録しています。一時期は200万円を超えていたのですが、あっという間に価値は5分の1になってしまいました。実際問題として決済には利用されていないという致命的な点がクローズアップされたのが問題でしたね。こんなに価格変動が大きいと通貨として使い道が乏しいというのもわかります。それに決済手数料も一時期は口座振替より高額でしたし、利用メリットが見出せませんでした。

それでも今月上旬までは70万円くらいあったのに、半月くらいでこの下がりっぷりですよ。誰がこれを仕込んだのだろう?実に謎ですね。中国のビットコインマイナーは施設を処分しているというニュースもあります。もしそうだとすれば、この流れは不可逆的なものになるのかもしれませんね。

ビットコインキャッシュのハードフォークが原因との説もあります。またグレイグとかいうおっさんがビットコイン1000ドルだよー的なことを発言したことも下落の要因だとされています。なんというかイマイチつかみどころがないまま、下落しているビットコインの将来性というのは、あまり無いのかもしれません。ビットコインのマイニングを煽っていた人たちは今頃どうなっているのかな?たぶん打撃を受けているのでしょう。50万円台を軽く割り込んだことで、本当に10万円以下のラインも見えてきました。なにぶん投資対象が「仮想」なので裏打ちのない通貨は下がるところまで下がるのでしょう。

ビットコイン1000円を私は恐れない。

未来はとても明るい

原油もビットコインもポジションを持っていない状態で急落を迎えることができたのは、大きな成果でした。ビットコインは春ごろに採掘していたのが少しありそうだけど、まあ、気にしないことにします。たぶん700円くらいかな?

 - 仮想通貨, 投資