1日フリーエコきっぷ 北陸鉄道 浅野川線 (あさでん)

   

1日フリーエコきっぷとは

わずか400円で北陸鉄道 浅野川線が乗り放題になる夢のきっぷです。
購入条件は土日祝であることのみです。平日は使えないのが残念です。
回数券で往復するよりも安いので、窓口販売しかしていませんが、内灘駅または北鉄金沢駅から乗車する場合は券売機ではなく、こちらから購入してみるのもよいですね。また、特に譲渡制限はないので同一日付内であれば誰かに譲渡しても使うことができます。まあ、その辺はどこの1日乗り放題きっぷとも同じですね。特筆すべき点ではないのかもしれません。

eco

歴史と概要

この路線は、もともと浅野川電気鉄道という北陸鉄道とは関係の無い会社でした。
全線単線であり、三ツ屋駅にのみ交換設備があります。
内灘発と北鉄金沢発の列車は、ほぼ同時刻に出発し、三ツ屋駅で交換する仕組みです。
三ツ屋駅には金沢駅行きの上り列車が先着して、下り列車の到着を待ちます。
有人駅は終着点の内灘駅と北鉄金沢駅のみです。北鉄金沢駅は地下駅となります。
始発は5時33分、終電は23時となっています。(2015年9月現在)
始発列車は北陸新幹線の始発(6時)に間に合うように設定されています。
始発列車のかがやき500号を使用する場合、内灘駅を5時33分に出発して東京駅には8時32分に到着することになります。2時間59分ということで、内灘東京間は3時間以内で結ばれています。
ただし、その他の出発便については特に北陸新幹線との接続は考慮されていません。東京方面からの北陸新幹線の終電は23時35分に金沢駅に到着しますが、前述の通り終電は23時のため、乗り継ぐことはできません。この辺は終電時刻を23時45分程度に繰り下げてほしいものです。23時の便も意外と乗客がたくさん乗っていて座れないくらいなので、その点からも23時台に増やしてほしいですね。路線の仕組み上、空気しか運ばない北鉄金沢行きの上り列車も出さないといけなので、難しそうですが。

 

 - 特集記事