ホタルの一生をやさしく解説【ゲンジホタル】【ヘイケホタル】

   

ホタルは光ることで有名な昆虫です。

キレイな環境でしか生きられないことで知られており、都市部では見かけることはありません。

ホタルの幼虫期

ホタルは卵から30日程度で孵化します。

ホタルは幼虫の状態で10ヶ月を過ごします。流れの緩やかな河川で育ちます。

その間に脱皮を繰り返して大きくなります。脱皮の回数は4回から6回にも及ぶのですからびっくりですね。

ホタルのサナギ

生まれてから10ヶ月が経過したホタルの幼虫は、地上に上陸します。そしてサナギになります。

地上をウロウロすることはなく、アリのように土の中に潜って静かに過ごすのです。

サナギになってから30日程度で成虫のホタルとなります。

ホタルの成虫

日本のホタルは大きく分けて、ゲンジホタルとヘイケホタルです。

ゲンジホタルの方がヘイケホタルより大きいです。

そして、世界には2000種類を超えるホタルがいます。

成虫になってからは1週間程度の命しかありません。

本当に儚いホタルの光です。

ホタルの動画

 - 特集記事