カミソリ負けテクニック

   

概要

かみそり負けとは、かみそりをした際に肌が傷ついてしまうことです。
肌が赤みを帯びたり、ひどい場合には出血することもあります。
肌に大きなダメージを与え、さらには精神的にもダメージがあるカミソリ負けの原因と対策を考えていきましょう。

なぜカミソリに負けるのか

かみそりは刃物です。当然ながら肌が傷ついてしまうものです。
肌が傷つかないようにするために、ワイヤーがついている製品もありますが、カミソリ負けしにくくはなりますが、絶対に血が出ないというものではありません。
大きなケガをすることはないので、可能であればワイヤー付きのカミソリにすることをお勧めします。

安価な製品の中ではシックのプロテクターディスポがワイヤー付きの2枚刃なので、剃り味も良くて肌にやさしいです。

カミソリ負けする原因 トップ7

第7位 使い捨てカミソリを交換しない

使い捨てカミソリを「もったいない」として長期間使うケースがあります。
100円程度の使い捨てカミソリを1ヶ月使うのは無理があります。
できれば1週間単位で交換するようにしていきましょう。日曜日は交換するとか決めましょう。

第6位 チカラの入れすぎ

そんなにチカラを入れなくても大丈夫です。
特にヒゲが濃いひとにありがちですが、力いっぱい肌に押し付けると良く剃れますが、ダメージが非常に大きくなります。
チカラを入れないと剃れないということは、剃ってはいけないのです。

第5位 逆剃りをしている

キレイな肌にするためには順剃りだけでは限界があります。
逆剃りをするのは仕方がありませんが、最後に一回だけ、軽めに行いましょう。

第4位 ヒゲをやわらかくしていない

ヒゲはお湯などで濡らして温かい状態にすることでやわらかくなります。このやわらかい状態で剃ることが大切です。

第3位 シェービングクリームを使用していない

シェービングクリームは大切です。
石鹸などではなく専用の洗顔クリームなどを使用しましょう。自分にあったものを使用することが大切です。

第2位 アフターケアが不完全

ヒゲを剃ったあとはお湯で洗顔して、しっかりと水気を拭き取りましょう。
そのあとで、保湿クリームなどを塗って、削れた表皮を保護しましょう。
どんなに丁寧にヒゲソリを使っていても表皮は削れてしまうのです。

第1位 ねぼけている

ヒゲ剃りは意識がしっかりした状態で行いましょう。これが一番重要です!

まとめ

ヒゲ剃りに真剣に取り組む姿勢を持つことが大切です。
間違っても、朝起きて寝ぼけた状態で行ってはいけません。

 - 特集記事