ホルムズ海峡で魚雷がタンカーを攻撃!【短魚雷】

   

kokuka

ホルムズ海峡で日本関係の船舶が魚雷攻撃を受けました。

魚雷というと、水中を進むミサイルみたいなのですね。

ミニ潜水艦と言ったほうがピッタリくるかもしれません。

魚雷船を運航していたのは【国華産業】

魚雷の被害を受けた船ということで「魚雷船」と命名しました。

船の名前が出てないので、仕方ありません。

タンカーということで、石油関係の輸送をしていた模様です。

船員21名にケガは無く無事に救助されました。

海の上ですからね。無事でなによりです。

国華産業は三菱グループ

国華産業という会社は、全く無名な会社ではないようです。

三菱グループの一員として歴史ある企業でした。

今は公式サイトがダウンしているので、リンクは貼りません。

非上場企業なので、詳細については不明です。

謎に包まれた会社ですね。

船舶名が判明しました

最新の情報でタンカーの名前が判明しました。

KOKUKA Courageous(パナマ船籍、1万9349トン)

です。

会社名の読み方も「コクカ」で良いことが判明しました。

船舶の画像を見ても大きなタンカーであることがわかります。

超大型の30万トンタンカーではありませんが、大型船です。

2010年に竣工ということで新しい船ですね。

社長が怒る理由も判りました。

魚雷攻撃を受けたとなれば、修復費用も高いでしょう。

機関室が火災を起こしたという話もあります。

機関を取り替えることになれば、長期のドッグ入りは避けられません。

海上保険も魚雷攻撃には支払われるのか謎です。

魚雷を撃ったのは何物か?

根本的な問題は魚雷を撃ったのは誰かという点です。

未だに判明していないところを見ると潜水艦の可能性があります。

攻撃後、直ぐにアメリカの第五艦隊が救援に来ました。

水上艦であれば、発見されてもおかしくありません。

それが見つからなかったということは潜水艦からの雷撃かも?

まとめ

魚雷攻撃を受けても、タンカーは沈まない。

カーネギーの「道は開ける」にも載っていたエピソードです。

実際に沈まないとは、驚きました。

 - 特集記事