令和元年の百万石行列【最新レビュー】

   

令和元年となった2019年、最初の百万石行列が行われました。行列のペースが例年よりも遅く、テレビ中継の枠内に利家が金沢城内に入場できないというハプニングもありましたが、それ以外は順調だったのではないでしょうか。

事前に市内の各住居に配布されていた資料よりも16時の時点で遅延が見られたので、そこから1時間の間で回復運転が出来なかったのは残念なところです。運営がもっと巻いていけば、巻ききれた遅延だと推測されるので、これはなんとか来年には改善してほしいですね。

藤本美貴は素晴らしい

お松の方が、藤本美貴さんでした。例年よりも格段に若いお松の方でしたが、あまりテレビに出るタイミングが無くて寂しかったですね。ソロデビューからモーニング娘入りしたこととか、リアルタイムで見ていた世代からすると、なかなか良かったです。そして、自分が年齢を重ねてきたことを痛感しますね。まあ、それは仕方がないことです。このブログの収益が上がれば、全然問題はありません。

ミス百万石情報

あとは、このブログでもアクセス数が地味に多い「ミス百万石」です。記事中の画像では、あんまり可愛らしい写真ではなかったので期待していなかったのですが、パレードでの三人はとてもお綺麗でした。新聞の写真を撮影したときは、メイクの人のウデが悪かったのですかね。最初のお披露目の写真が地味だったのは?ちゃんと選考できているようでなによりです。これからも、よいミス百万石を増やしていって欲しいものです。

テレビ中継

テレビでのみ観戦していて、現地には行かずにレビューを書いています。気が付いたかな。気が付いたですよね。それでは、この記事に需要が無いのかというと、たぶん来年あたりには少しヒット数を稼いでくれるはずです。目標としては100アクセスですね。

話をもとに戻すとテレビ中継を石川テレビ北陸放送の二社が行っていました。どちらもがんばっていましたが、石川テレビのほうが数分間番組時間が長い構成でしたね。その時間内に入城しなかったので、あまり意味がないのですが、最後はいい感じでした。どちらのテレビ局もエンドロールの動画を用意していたはずなのに、使う機会が永遠に無くなってしまって、もったいないことでしたね。来年からは延長放送とかできるといいのにね。

まとめ

今年も百万石行列は素晴らしかったです。
音楽パレードが毎年同じ感じなのが寂しいですね。バトントワリングにおいて先頭のひとりがオリジナルの技を披露するという試みは面白いと思いました。観光客のリピーターを期待するのであれば、音楽パレードの改良は必要になりそうです。

 - 特集記事