いつの間にかワイドFM放送が始まってた

   

ワイドFM放送という新しいラジオ放送があります。
これまでAMで放送されていた放送局が同じ内容をFM放送するものです。
同じものを放送して何の意味があるのかと思いますよね。
それはFM放送の方がノイズに強いからです。
AMは振幅変調、FMは周波数変調で音声を電波に変換しています。
FMに比べてAMの方が放送に使用する周波数帯域が小さくて済みます。
その分、同じ出力だと遠距離まで届くのですが、ノイズには弱いです。
そもそも利用帯域が小さい分、FMに比べて音質も劣る傾向にあります。
そこで始まったのがワイドFM放送です。
これは地デジが地方に広まるまでに時間が掛かったのに比べて速いです。
かなり速い速度で、各地方に展開されました。
やはり、技術的な難易度が低いからなのでしょう。
既に存在する技術を使いまわすだけですしね。
ただ、受信に関してはちょっと難しいです。
古いラジオでは帯域が足らず、聴くことができません。
ただ、もっと古いラジオだと聴くことができたりします。
一昔前のラジオではテレビの1~3チャンネルの音声を聞く機能があります。
このタイプのラジオでは聴取することができます。
これで分かるように、テレビのアナログ放送の帯域を使っています。
アナログ放送の1~3チャンネルの帯域を割り当てたのがワイドFM放送です。
ワイドFM放送が始まった背景には、そのような事実もあります。

ワイドFM放送の放送局は既に全国に存在します。
詳細については、下記URLから参照してください。
http://www.1242.com/info/jolf_fm/top.php

 - 特集記事