お金に関するセミナーに参加すると大損失。

   

投資を始めようとする方が失敗する主な原因は、セミナーに参加することです。銀行に相談する。証券会社に相談する。不動産屋に相談する。それらの会社は、あなたのお金を「手数料」などの名目をつけて巻き上げることが目的でセミナーを開催しています。

たとえば、コマーシャルで「それ野村に聞いてみよ~♪」

とかありますが、間違っても、そのようなヤバいところにお金の相談をしてはなりません。最近は郵便局ですら怪しい保険や投資信託を勧めてくるので、特に地方に住んでいる方は注意したほうが良いでしょう。ファイナンシャルプランナーという手もありますが、基本的には自力で書籍を読むなどして調査したほうが良いです。彼らは「投資は自己責任」というキメ台詞で逃げるのですから、結局は自分自身で知識を得る必要があります。

投資の利回りは3%程度だと覚悟する

税引後の利回りは年3%程度です。それ以上の利回りを提示している「投資」というものは基本的に詐欺なので信用してはいけません。

株の高配当銘柄に投資すると失敗する

高配当銘柄というものがあります。配当利回りが4%~5%を超えるような銘柄です。このような銘柄を買えば、利回りを良くできるのではないかと考えるのではないでしょうか。私も2016年頃にそのように考えて日産自動車とみずほ銀行の株を100万円分程度、購入しました。最初の2年間はとてもよかったです。しかし、2018年末からの株価が下落し、結果的に30万円を超える含み損となったのです。高配当銘柄に投資しても長期的に見ると損失しかありません。

新築建物に不動産投資するのは最悪手

不動産投資であれば表面利回り7%などというものがありますが、騙されてはいけません。表面利回りというだけあって、固定資産税やローンの金利を考慮していない利回りです。実際の利回りは格段に減る可能性があります。特に日本国内で新築の建物であれば、無駄にコストが上乗せされているため、利益を出すことがほぼ不可能です。

まとめ

お金に関するセミナーに参加してはいけない。

 - 投資