LightSailのWordPressと相乗りさせる方法

   

LightSailでWordPressを動かしているサーバーで、WordPressと全く関係のないWebサイトを立ち上げたいときの手順を説明します。

LightSailのWordPressはBitnami上で動いているので、どうやったらいいのか悩みました。とりあえずPHPなどは使わずに普通に静的なサーバとして動くところまでやっていきます。

ディレクトリ構成

Bitnamiのお作法に従うことにします。
/opt/bitnami/apps の配下に作成します。

ここでは「chatbot」という名前で作りますが、適当に読み替えてください。

sudo mkdir -p /opt/bitnami/apps/chatbot
sudo chmod 777 /opt/bitnami/apps/chatbot
cd /opt/bitnami/apps/chatbot
sudo mkdir conf
vi ./conf/httpd-vhosts.conf
sudo mkdir htdocs
sudo chmod 777 /opt/bitnami/apps/chatbot/htdocs

サンプルでは、権限に777をつけていますが、フォルダに実行権限をつけないと403エラーになるため、とりあえず設定しています。各自の環境に合わせて適宜調整してください。

httpd-vhosts.confの記述内容

<VirtualHost *:80>
  ServerName chatbot.erestage.com
  DocumentRoot /opt/bitnami/apps/chatbot/htdocs
  <Directory "/opt/bitnami/apps/chatbot/htdocs">
    AllowOverride None
    Options +FollowSymLinks -Indexes
    Require all granted
  </Directory>
</VirtualHost>

とりあえず、これだけ書いておきます。

DNSの設定

この記事では詳細は省略しますが、ServerNameに記載したドメインを、サーバーのIPアドレスと紐付けするDNS設定を忘れないでください。

設定ファイルを読み込ませる

Bitnami側に作成したアプリの情報を読み込ませる必要があります。

/opt/bitnami/apache2/conf/bitnami

設定ファイルはこのディレクトリに存在します。

bitnami-apps-vhosts.conf

を開いて

Include ‘/opt/bitnami/apps/chatbot/conf/httpd-vhosts.conf’

という一文を追加してください。

サーバーを再起動する

サーバーを再起動しましょう。

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

まとめ

判ってしまえば簡単なのですが、ここに行き着くまでに3時間も掛かってしまいました。

 - Apache