自宅でカンタン副業を選択する方法

   

副業先に通勤するというのは現実的ではありません。そこで、自宅でできる副業を選ぶことが大切です。副業というとゼロからイチを作り出す作業です。会社員のようにイチをニにする作業ではありません。10年以上前から副業に取り組んでいる経験から、副業方法を紹介していきます。

アフィリエイト

アフィリエイトと言うと、ブログなどから商材にお客様を誘導して、無事に売れたら報酬を得る仕組みです。例えばAmazonのアソシエイトがあります。

例えば、このブログの閲覧者が上のリンクからAmazonに飛んで、本を買ってくれれば、100円程度の収入になります。ちなみに、適当に選んだ本なので、たぶん値段ほどの価値はありません。買わなくていいですよ。15年くらい前からやっていますが、トータルで60万円くらい稼いでいます。Amazonポイントで受け取ることができるのでAmazonの買い物にお金を使わなくて良くなりました。

Google AdSense

似たようなものでGoogleのアドセンスがあります。こちらは広告を見たことがある人が多いのではないでしょうか、このブログでもあちこちに貼ってあります。右上の部分にある広告はGoogle AdSenseです。これはクリックされるだけで収益が発生します。大半のキーワードでは数円単位にしかなりません。よほど大規模なサイトでない限り、これで副業と言えるほどの収益を立てるのは難しいです。1日100円を稼ぐのだって難しいのです。

楽天アフィリエイト

これはAmazonに近いですね。10年以上前は、これで稼いでいました。今は全然稼げていません。楽天市場自体が崩壊していると言っても過言ではない現状で、仕方がありませんね。当時は楽天ポイントにしかならかったですが全日空のマイルに交換して無料航空券で旅行しました。羽田空港に行くことが多かったのですが、新千歳空港や福岡空港にも特典航空券で旅行したのは良い思いでです。2007年くらいのことですね。昔は良かったですが、今は完全にダメです。そもそも楽天で誰も買い物をしないのですから。

ストックフォト PIXTA

写真を販売することができるというサイトです。これも10年くらい放置していますね。昔は写真の登録を一生懸命していたのですが、ほとんど売れるものではありません。写真のレベルが低いとか以前に、無料のストックフォトサービスが出てきたので、売れないのです。コスト削減の流れのなか「ぱくたそ」や「いらすと屋」の素材を雑誌やテレビでも使っている時代です。有料の写真など誰も買ってはくれません。また、売上の半分以上をPIXTA側が奪い取るという邪悪なシステムも、クリエイターの創作意欲を奪いますね。

DMMアフィリエイト

一応、登録はしたのですが、全く売上が発生していません。このサイトとアダルト分野は親和性が皆無なので、これは仕方がないのかもしれません。

メルカリ

副業といえば、これも最近は定番ですね。2017年の夏頃はがんばっていました。月に2万円を超える売上を上げたこともあります。低コストで生産が可能な商品だったので、売れたのは良かったのですが、最終的には規約で販売が禁止されてしまい、売れなくなってしまいました。そこからメルカリは見捨てましたね。あまりに煩いプラットフォームは商売の場所として適しません。

まとめ

こんなところかな、たぶん。
定番らしいA8などは使ったことがありません。
儲かるという話を聞きますが、本当に怪しい商材ばかりなので、紹介したくならないのですよね。

 - 特集記事