【円をユーロに】両替費用が1000円もかかった!【トラベレックス】

   

フランス旅行をするにあたり、ユーロが必要になります。基本的にフランスはカード社会なので現金が無くても何とかなるはずなのですが、それでも使えない場所もあるのでユーロ現金も持っていく必要があるそうです。何も考えずに国内の両替店【トラベレックス】で両替してきた結果を報告します。

138円を1ユーロにしてくれる

両替のレートは128円だと店員に言われました。

30000

Googleで実際の為替レートを見てみました。

euro

実際の為替レートは124円でしたので、手数料が4円上乗せされているようです。

結果的に手数料その他が1000円を超えた

今回は予算が30000円ということで、230ユーロ分両替しました。
230×4円で920円も手数料が掛かっていました。
僅か数分間の両替で920円も支払うことになりました。
駐車料金も300円掛かったので合わせたら1000円を超えます。

手数料の金額は予想外でした

外貨両替というのは思っていたよりも、コストが掛かるものなのですね。海外ではクレジットカードでキャッシングしたほうが良いと書かれている理由がわかりました。現地でATM手数料が数ドル掛かっても、そっちのほうが割安ですね。

それでも現金を持っていきたかったのは理由があります

以前、グアムに旅行に行ったのですが、グアムのATMでは手持ちのクレジットカードが、どこでも受け付けてもらえず、ドルを手にすることができなかったのです。グアムよりはパリの方が発展しているとは思うのですが、それでも不安なので、ユーロ現金を用意しておきたかったのです。

まとめ

両替コストも高いので100ユーロくらいで充分だったかもしれません。
現地のATMで現金を得られるかチャレンジしてみます。

 - フランス