飛行機で手荷物は預けるべきか?

   

いろいろな交通機関がありますが、手荷物を預けなければならないのは飛行機だけですね。そういえばクルーズ船も港で預けておいたらキャビンに届いていましたが、あれは特別な例でしょう。

機内持ち込み可能な手荷物

ハンドバックなどの身の回り品と、小型のキャリーケースなどを持ち込むことができます。各航空会社によって制限は異なるので事前に調べておいたほうが無難です。バッグはひとつしか持ち込めないと勘違いしてしまいがちですが、身の回り品もそれなりの大きさのバッグまで持ち込むことができます。大きさも重要ですが重量にも制限があるので気をつけましょう。

リチウムイオンバッテリーは機内持ち込みが必要

今ではありとあらゆる電子製品で使われているリチウムイオン電池。大変便利なアイテムですが、発火する恐れがあるということで預け入れする荷物には入れることができません。必ず手荷物として機内に持ち込む必要があります。スマホやタブレットは預けることはないでしょうが、モバイルバッテリーなどはうっかり忘れてしまうことがあるので、注意が必要です。

国際線では入国審査まで大変

国際線の場合、入国審査の後で手荷物を受け取ることになります。つまり、機内に持ち込んでしまうと入国審査するまでの間、ずっと手荷物の面倒を見ていないといけないのです。グアム旅行のときに機内のキャリーケースを持ち込みましたが、グアム国際空港で入国審査の長い行列に並んでいるときに、めちゃくちゃ大変だった思い出があります。入国審査が大変だとわかっている空港では手荷物は預けてしまったほうが身軽に行動できます。

 - フランス