いきなりステーキはとても焼き方がうまい!

   

東京に行く機会があったので、新橋駅近くのいきなりステーキに行ってきました。
店内に入ると「ニクタベラレマス」という謎の案内で席に通されました。
どうも、店員さんはフィリピンとか、その辺りの人っぽいです。
東京は、どこに行っても外国人がたくさんですね!

sarada

いきなりステーキではサラダの一番安いのを頼みます。
もちろん、無駄な糖質を取らないようにライスなど頼みません。

stake

これですよ、レアのサーロインステーキを注文しました。
こんなにボリュームがあります!!
出てきて直ぐには食べずに、三分くらい放置して食べると美味しいです!

本当のレアステーキは中も温かい!

いきなりステーキができるまで、レアというのは中が冷たい生状態のステーキであると誤解していました。実際、それまでの金沢市内で食べられたステーキはすべて生のように冷たかったです。すくなくともいきなりステーキのステーキとは程遠いものが販売されていました。どうも、中身が冷たいレアステーキは「ブルー」というものらしく、本来のレアステーキとは異なる焼き方のようです。なぜ、そんなことも判らないのにステーキを販売しようとしたのか、無能な店長に鉄槌を下してやりたいですね。

この辺のことはこちらのサイトが詳しかったです。
https://www.yuramatayuramata.com/entry/steak_10

 - 料理レシピ