ソフトバンクが評価損を計上する見込み【WeWork問題】

   

ソフトバンクは投資先の価値低下による評価損を計上する。

WeWorkやUberの価値低下が問題となっている。

11月6日の決算発表で評価損を公表する見込みです。

評価損は50億ドルから70億ドルになると推定されている。

Uberも株価が低迷している

Uberの現在の時価総額は567億ドルです。

1000億ドルの価値があるとされていた。

ビジョンファンドは13%を保有している。

3ヶ月で35億ドル分の価値が減少しました。

WeWorkもUberも高値掴みでした。

ソフトバンクが金融支援を実施する

WeWorkに対して1兆円を超える支援策を実施する。

  • 50億ドルを貸し付ける。
  • 発行済み株式を30億ドル分公開買い付けする。
  • 15億ドル分を追加で出資する。

リスクが大きく、ソフトバンクの格付けを見直す動きもある。

ソフトバンクも株価が低迷

昨年末の株価水準に近づいている。

当時は世界的株安の時期でした。

現在は好景気なのに株価が低迷。

ビジョンファンド2号

出資者が集まらない。

発表当初はアップルやマイクロソフトの名前が出ていた。

出資が確定しているのはソフトバンク自身の380億ドルのみ。

先行きが不透明になってきている。

まとめ

なかなか前途は厳しそうです。

 - 特集記事