婚活バスツアーに行ってきました!【体験談】

   

bustour

婚活バスツアーなる日帰り旅行に行ってきました。
婚活記事は久しぶりですね。

某駅の団体バスターミナルに行ってみると25人乗りの小さなバスが待っていました。
出発予定時刻は17時。日曜日の夕方から出発というのも斬新です。
女性は8名、男性は12名という、かなり偏った比率でした。
これでも男性サイドは1名当日キャンセルがあって減った感じです。

バスツアーだから、新しい人と出会えるかも!?みたいな期待はしないほうがよいです。通常のパーティーで見たことがある人がバスに乗っているだけでした。
残酷な話ですが、これが現実です。その内、一番若いのは28歳の女性が2名です。
女性の年齢の中央値はだいたい35歳前後でした。
どのように感じるかは個人の感性次第ですが。

女性の1番、2番はキラキラした綺麗な人でした。
彼女らは、明らかに言動が不自然なのでサクラだと思うのです。
プロフィールカードなど殆ど書いてありません。
容姿からすると、こんなイベントに来る必要がありません。
それなのに、別のイベントでもよく見かける二人組です。

基本的な流れを書いておきます。
1.往路のバス車内でプロフィールカードを書きます。
2.現地到着後に女性を窓側に配置する席替えがあります。
3.男性だけが内側を回って女性一人と3分の対話します。
4.現地で散策が始まります。
5.バスに戻ってきたら、再度女性と対話していきます。
6.復路で最終投票カードの記入と集計が行われます。
7.到着後にカップルの発表が行われます。

このバスツアーでは、現地での散策がある代わりに中間投票がありません。
つまり、自分が誰から好かれているのか判らないまま最終投票です。
現地での散策は無難そうな子を誘って歩いてみました。
散策時間は、当初45分の予定が35分になったりとかしていました。
みなさん、最初に獲得した女の子を最後まで手放さないのでペアは変わりません。
前述のように男性が余っているので、誰ともペアを組めない可哀想な人がいます。
彼らは、バスに帰ろうとして、バスの運転手に静止されていました。

そういえば、バスの運転手は最初から冷ややかな感じでした。
自分が運転手であっても、このイベントの担当はやりたくないですね。
なにせ1時間以上に渡って、静止したバス内でゴタゴタするのですから。

現地では真っ先にオラオラ系の男子二人組とキラキラ女性二人組がペアになっていました。
何かレファレンス的な感じでした。みなさん、彼らを見習って頑張りましょう的な。
仲がよさそうなグループだったのにカップリングは全くしていなかったけどね。
この男子二人組もサクラなのかなー?そうだとしたら親切なイベントです。

画像はイベント当日の団体バスターミナルでの受付風景です。
なんとなく、イメージはつかんでもらえるかと思います。
次回は行くかどうかわかりませんが、一度はチャレンジするのも楽しいかも?

 - 婚活