原油上場投信の最適解は1671に決まり!

   

今年も夏のバーゲンセールがやってきました。

安くなるのはアパレル商品だけではありません。

原油も安くなります。夏に買って冬に売ると、勝率は高いです。

特にアメリカの対中国関税発動に伴い、原油価格が下落した今が買い時かもしれません。

さて、原油といえばWTIですが、どの商品を買えば良いのでしょうか?

答えは簡単です。冒頭の画像をみてください。見るのは出来高ですよ。

出来高が多いほうが流動性が高いので良い商品です。

信託報酬なども見たほうが良いのですが、基本的に流動性が低い商品のほうが信託報酬が高いという法則性があるので、これだけ差が開いていれば、詳細を見るまでもありません。

原油は1671を選択しましょう。1単位から購入することもできます。

しかし、同じような商品なのに下落率が乖離しているのが気になります。

2%も乖離することってあるのですね!?

 - 投資