LEDシーリングを取り付け

   

LEDシーリングとは

蛍光灯の代わりにLEDを使用した室内照明です。
平均寿命は40,000時間。1日4時間使っても10,000日も使用できます。
最近は電気店でもホームセンターでも大型スーパーでも売っています。
このLEDシーリングを取り付けてみます。

1.既存のシーリングを取り外す

まずは既存の照明を取り外します。説明書が残っていれば、その記載に従います。
たいていの場合、照明器具本体に外し方が書いてあるので、確認しましょう。
最終的に、下のようなソケット(引っ掛けシーリング)だけの状態になるようにします。
粗悪な業者の場合、ソケットなしで天井から配線が直接繋がっていることがあります。
そのような場合は、必ず電気工事士の有資格者に依頼してください。

led01

2.取り付けアダプタを取り付ける

たいていの場合、直接接続するのではなく、アダプタを介在するようになっています。
説明に書いてあるように「カチッと音がするまで右に回す」と、しっかり固定されます。
led02

3.本体部分を差し込む(仮設置)

設置したアダプタに、本体中央の穴が空いている部分を差し込みます。
この機材は二段階で固定するようになっていますが、ここでは仮固定です。
いちど「カチッ」となるまで押し上げます。
手を離しても落ちてこないことを確認してから、手を離してください。

led03

4.固定する

仮設置した状態で特に問題がなければ、もう一度、天井側に押し込みます。
こんどは、アダプタから支えが出てきて、落下しないようにちゃんと固定されます。
led04

5.カバーを設置

あとは、カバーを付ければ完成です。
カバーは薄い素材でできているので、破損には気をつけましょう。
設置できたら、スイッチを入れて光ることを確認します。

led06

 

 

 - 特集記事