チョコラBBとハイチオールCの違いはなにか?

   

チョコラBBルーセントCの成分はどうなっているのか?
気になったので調べてみました。

アスコルビン酸

アスコルビン酸は、栄養素のビタミンCとしてはたらく、ラクトン構造を持つ有機化合物の1種である。単純にビタミンCのことです。

Lシステイン

L-システインは 、体の内側から代謝を促すはたらきをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。

まとめ

この2つの成分はハイチオールCにも入っています。

アスコルビン酸は500mgと600mgで、チョコラBBルーセントCの方が多いのです。

Lシステインは240mgで同量です。

価格が安いのはハイチオールCのような気がしますね!?

薬剤師さんに相談してみてください。

 - ヘルスケア