目の下にできるクマの種類と治し方

   

kumakuma

目の下にできるクマ。鏡を使ったりしないかぎり自分で気が付くことはありません。
旅行先で撮った写真で、あまりのクマ顔にびっくりということもあります。
クマがあると元気がないように見られたり、若々しさが減ってしまいます。
寝不足でクマができる印象がありますが、意外と寝ても治らないのがクマです。

クマの種類

クマにはいくつかの種類があります。

大きく分けて、青クマ、黒クマ、茶クマになります。

青クマ

クマの色が青いタイプですが、なかなか居ません。
そんな青いクマの人がいたら重症っぽいですね。
冷え性の方に多いようです。
原因は血行不良なので、マッサージなどで血行を良くしましょう。
目の近くのツボを押さえたりすることもおすすめです。

黒クマ

クマの色が青色というよりは黒っぽいタイプです。
鏡で見て、少し上方をみるとクマが見えなくなります。
つまり、強い光をあてると見えなくなるクマです。
曇りの天気で写真をとると滅茶苦茶目立ちます。
悲しいですが、黒クマは顔の筋肉が弱ってなってきているのが原因です。
肌の老化を防ぐには紫外線カットがいいですね。
また、表情筋を鍛えるために大声で叫んだりとか。
下のまぶたが動かなくなっている場合は、指で動かしてあげましょう。

茶クマ

青くも、黒くもないタイプのクマです。
肌を触りすぎているのが原因です。
肌の新陳代謝が正常に行われず老廃物がたまっています。
コンタクトを使っている場合は、やさしく付け外ししましょう。
あとは、できるだけ目の周囲に刺激を与えないように。
ビタミンの摂取も良いとされています。

まとめ

クマがなくなると元気に見られます。
自分で鏡を見たときも落ち込まないのでよいですね。

 - ヘルスケア