フェイスブックとツイッターの株価が急落

   

フェイスブックの株価が19%も下落しました。それも一日の下落幅が19%です。17兆円を超える時価総額が消滅しました。まあ、特に実害は無かったりもするのですが。フェイスブックの個別株を買っていたという投資家の方はダメージが大きいでしょうね。訴訟大国アメリカらしく、ザッカーバーグを訴える人も出てきました。金持ち相手に訴訟で勝負して勝てるとは思えませんが。まあ、頑張って欲しいものです。ツイッターもダメになりましたね。特にアカウント関係が厳格に管理されるようになって、実はこのサイトの公式アカウントも閉鎖されてしまいました。閉鎖というか凍結といったほうがいいのかな?とりあえず、あんまり規制が厳しいとメディアとして使用する気力が出てきません。所詮、情報を流通するための土管屋に過ぎないフェイスブックやツイッターの評価が、ここまで高かったことが可笑しいのです。

WP300

アメリカのGDPが急成長しました

意外なことにアメリカの経済成長は順調に進んでいるようです。さすがは経営者であるトランプ大統領の経済感覚の鋭さと言ったらいいのでしょうか。オバマ時代に低成長だったので、やはりトランプの方が少しはマシですね。オバマは最悪だったので、それに比べたら誰でも良かったのかもしれませんが。それでもヒラリークリントンになるよりは、かなり良い選択だったと思いますよ。アメリカの市民権はありませんが、資産の大半をアメリカに移転した身としては、トランプ大統領が再選されることを、遠い異国の地から祈っています。この急成長のお陰で、フェイスブックとツイッターの問題は市場で大きな影響を及ぼすことはありませんでした。調整のタイミングとしては見計らったようで怖いものもあります。

日本国内株式市場の動向

日本国内で見ると日産自動車の業績が予想よりも悪かったですね。これ自体は事前に想定されていたものではありましたが、株価に織り込まれていたようで、急落することはありませんでした。日経関係の雑誌に日産自動車の株の購入を唆すような記事が複数出ていたので、怪しいなーとは思っていましたが、本当に怪しかったですね。これだから日経は役に立ちます。全然信用していないメディアブランドですが、逆に使えるのが日経の良さでもあります。書いてあることはすべて疑って掛かることが大切です。特に買いとか言ってくる記事は怪しさ倍増です。

実は回復していた仮想通貨市場

誰も話題にしなくなったときに回復してくるものですね。先月には70万円を割り込んでいたビットコインの価格が直近で90万円を超えるという値動きを見せています。上昇率としては大したものですね。元々の資産としての価値は殆ど無いのにも関わらず、ここまで動いていることには驚きしかありません。久しぶりにNiceHashにログインしてみましたよ。なんと9ドルという高い値段になっていました。わーい。楽しいなー。晩秋の頃にでもGTX1060をもう一度接続してみようかなーとか考えています。何事も成功するまで続けた人が成功するというのは、その通りなのかもしれませんね。今のところは弄る気はありませんが、マイニングリグの建設に本気で取り組んでみてもいいのかもしれません。ここまで下がっても不死鳥の如くよみがえるのは本物なのかもしれませんね。仮想通貨市場というもの自体が。

原油と純金について考える

原油(1699)は、いい感じで落ちているなーと先月末には見ていましたが、いつの間にか底をつけて上昇していたのですね。買いのタイミングを完全に逸してしまいました。原油相場難しいです。とりあえず、大切なのは原油以外にも商品相場というのは株式相場と違って、読みが難しいです。そもそも再生可能エネルギーの普及に伴って、上値は限定的になると思われた原油価格ですが、予想外に上昇して高止まりしています。それこそが再生可能エネルギー普及の条件でもあるので、高止まりしていること自体は好ましいことなのかもしれません。とりあえず、下がっていく価格をカバーできるというのは大切なことです。

いつの間にか年間目標を突破していました

この記事の本題にするべきだった気もしますが、年間投資目標金額を予定よりも早く、7月30日終値時点で達成しました。春先からの株価上昇で、冬の時期に投資していた分の含み益が一気に膨らんだのが、主たる要因と捉えています。ここから株価の急落とかあるかもしれませんので、大晦日の時点で目標値を達成しているかは、まだまだ未知数ではありますが、これからあと5ヶ月ちょっとの期間も、粛々と積み立て投資を行っていきたいと思います。この調子で行ったら、目標値+100万円の上ぶれもあり得るかもしれませんね。

 - 投資