インビザラインを交換しました。

   

三回目のアライナー交換をしました。つまりは四枚目ということになります。このブログも定期的に更新することができるようになって、インビザラインの思わぬ効果に驚いています。むろん、インビザラインに関しては各ユーザーが動画やブログを発表しているので、インビザラインの交換というこのブログ記事が閲覧される可能性はゼロに等しいとも言えます。それでも、いちおうはインビザラインのことを書いておこうというのが、このブログ記事の趣旨となります。なにかインビザラインを始めようという人の役に立つ記事ではありません。

入りにくい気がする

四枚目のアライナーは特に挿入時の違和感が大きかったです。三枚目は割と楽だったので、大丈夫かなと思っていたのですが、四枚目でこれほどまでに違和感があるとは予想外でした。翌々日の状態でも、まだ少し違和感が残っています。なんともならないというわけではありませんが、入れるのは多少大変です。

アライナーチューイ

アライナーチューイを使うと良いという話を聞きますが、これはあまり慣れません。一分くらい噛んでいたら飽きてしまいます。集中力がない人には向かないですね。「超集中のチューイ」だよ。

まとめ

少なくとも「痛い」ということは「歯が動いている」ということです。この調子であれば、なんとかうまくいくと信じています。